2019年12月26日

2019年12月26日(木)の海況

ウミウシカクレエビ191226_R.jpg

ポイント:秋の浜
天候:晴れ
気温:15℃
水温:21℃
透明度:20m
風:北東4m/s
海況:良好


今年も残すところあと数日となってきましたね。

秋の浜へリサーチダイブ行ってきました。

エアが抜けていたのか、残圧が100ちょっとしかなかったので、かるーく。

一目みたいと思っていたダイトクベニハゼの情報を仲間のガイドさんに教えてもらい、探しにいって見たら運よくあっさり見つかりました。
でも欲張って目一杯寄ろうと思ったら引っ込んじゃって、ピンボケ写真しか撮れませんでした。またリベンジします。

浅場では、これまた前述の仲間に教えてもらったフリソデエビをチェックし、ニシキウミウシに乗るウミウシカクレエビ、白いクマドリカエルアンコウ(最近はイロカエルアンコウと言わなくなったみたいww)、などを撮影しながら帰ってきました。

フリソデエビ191226_R.jpg

☆シーサウンドのfacebookページも宜しくお願いします☆
http://www.facebook.com/izuoshima.seasound
posted by SEASOUND STAFF at 14:35| Comment(0) | 秋の浜

2019年12月20日

2019年12月20日(金)の海況

イロカエルアンコウ191220_R.jpg

ポイント:秋の浜
天候:晴れ
気温:16℃
水温:19℃
透明度:25m
風:南西8m/s
海況:


一週間ぶりの海でした。
カメラを持って秋の浜へ。

めちゃくちゃ水が綺麗でしたぁ〜
水温もさすがに20℃を下回っていますが、深場に下りても19℃くらいあり、ドライであれば快適に潜れます。

ングダイやらイサキの群れを眺めつつ正面エリアへ。
この時期はピカチューなどのツノザヤ系のウミウシを見つけてしまうと、ついそこでじっくり時間を費やしてしまいます(^^♪
今日はクロスジリュウグウウミウシなんかも見られました。

浅場に戻ってウロウロしていたら、ひょっこりキンチャクガニと目が合いました。
段落ちのイロ?カエルアンコウはまだ健在でした。

クロスジリュウグウウミウシ191220a_R.jpg カンナツノザヤウミウシ191220_R.jpg

ウデフリツノザヤウミウシ191220a_R.jpg キンチャクガニ191220a_R.jpg

☆シーサウンドのfacebookページも宜しくお願いします☆
http://www.facebook.com/izuoshima.seasound

posted by SEASOUND STAFF at 14:58| Comment(0) | 秋の浜

2019年12月05日

2019年12月05日(木)の海況

GOPR1743_R.JPG

ポイント:秋の浜
天候:晴れ
気温:15℃
水温:19-20℃
透明度:15-20m
風:南西7m/s
海況:良好


本日の秋の浜2ダイブ。
富士山がとても綺麗でしたー

本日も動画でまとめました(^^♪


今日もユウゼンに遭遇できましたよ(^^♪

動画に登場している生き物以外では、チンアナゴ、ガラスハゼ、ネジリンボウ、ヒメコモンウミウシ、などが見られました。

☆シーサウンドのfacebookページも宜しくお願いします☆
http://www.facebook.com/izuoshima.seasound

posted by SEASOUND STAFF at 14:40| Comment(0) | 秋の浜

2019年12月04日

2019年12月4日(水)の海況

GOPR1718.jpg

ポイント:秋の浜
天候:晴れ
気温:16℃
水温:20℃
透明度:15-20m
風:南西6-8m/s
海況:良好


初来島の女性ゲストさんをお迎えして、秋の浜を2ダイブ。
1本目は何か乗ってたなぁ〜
イサキの大群、ウスバハギの群れ、ツバメウオ、ホウセキキントキ、そしてユウゼンとの出会い、とても良い感じでした(^^♪

2本目は、ニシキフウライウオ、ヒオドシベラyg、ハタタテハゼなどの人気者たちを観察してきました♪

動画もご覧ください(^^♪


☆シーサウンドのfacebookページも宜しくお願いします☆
http://www.facebook.com/izuoshima.seasound

posted by SEASOUND STAFF at 18:25| Comment(0) | 秋の浜

2019年12月01日

2019年12月01日(日)の海況

ウデフリツノザヤウミウシ191201a_R.jpg

ポイント:秋の浜
天候:晴れ
気温:17℃
水温:20-21℃
透明度:20m
風:南西3-4m/s
海況:良好


週末に予定していた出張が海況不良で延期となったので、ノーゲストの週末を大島で過ごしました。

大島の海は穏やかでした。
そんなわけで秋の浜へ。

ツノザヤ系ウミウシのシーズンになってきたので、深場をじっくりリサーチ。
ピカチューことウデフリツノザヤウミウシカンナツノザヤウミウシが数匹見つかりました。

深場では、ソメワケヤッコデルタスズメダイなど、ちょっと珍しい魚も目に入りました。

浅場では大きなイロカエルアンコウハナミノカサゴの若魚のあくびシーンなどが撮れました♪

エキジット直前、極小のカンムリベラygが仲良くペアでシンクロしていたので、粘ってしまいました。
難易度高かったです。。

カンナツノザヤウミウシ191201_R.jpg ハナミノカサゴ191201a_R.jpg

イロカエルアンコウ191201_R.jpg カンムリベラ191201a_R.jpg

☆シーサウンドのfacebookページも宜しくお願いします☆
http://www.facebook.com/izuoshima.seasound

posted by SEASOUND STAFF at 20:47| Comment(0) | 秋の浜

2019年11月20日

2019年11月20日(水)の海況

イロカエルアンコウ191120_R.jpg

ポイント:秋の浜
天候:晴れ
気温:16℃
水温:21℃
透明度:20m
風:北東5m/s
海況:やや波あり


サンゴ調査出張から戻ってからの一昨日と昨日はCM撮影隊のロケお手伝いの仕事でした。
そんなわけで、ホームでの久々のダイビング。
さらに今シーズン初ドライ。今年は諸事情により恐らく最遅の衣替え。
若干ファスナーから水没したのが嫌な感じ・・・

カエルアンコウが色々出現していると言う情報を聞いて、秋の浜へ。
極小の白いクマドリカエルアンコウを第1目的に潜ったのですが、情報収集の詰めが甘く、見つからず。。。

浅場の黒いクマドリカエルアンコウ、クマドリカエルアンコウっぽいイロカエルアンコウなのかイロカエルアンコウっぽいクマドリカエルアンコウなのかよく分からないたぶん大きな白いイロカエルアンコウオレンジのイロカエルアンコウのちび、は見つかりました。

眼光鋭いオレンジのイロカエルアンコウがベストショットでした。

深場ではネジリンボウが見られました。
ツノザヤ系のウミウシも見られるようになってきましたぁ〜

イロカエルアコウ191120a_R.jpg クマドリカエルアンコウ191120_R.jpg

ネジリンボウ191120_R.jpg

☆シーサウンドのfacebookページも宜しくお願いします☆
http://www.facebook.com/izuoshima.seasound

posted by SEASOUND STAFF at 17:52| Comment(0) | 秋の浜

2019年11月03日

2019年11月3日(日)の海況

ハダカハオコゼ191103_R.jpg

ポイント:秋の浜
天候:曇り時々小雨
気温:18℃
水温:20-22℃
透明度:15-20m
風:北東5m/s
海況:良好


本日来店のゲスト様も合流して、秋の浜を潜りました。

黒いクマドリカエルアンコウが昨日登場したと思ったら、浅場にも登場したらしく、先輩ガイドに教えて頂きました。
同じタイミングで登場するなんてホント不思議です。

ニシキフウライウオもいるし、あとはフリソデエビかな(^^)

今日は新たにハダカハオコゼを発見しました♪
小さめで綺麗な個体でした。

動画にまとめました


クマドリカエルアンコウ191103a_R.jpg クマドリカエルアンコウ191103_R.jpg

☆シーサウンドのfacebookページも宜しくお願いします☆
http://www.facebook.com/izuoshima.seasound

posted by SEASOUND STAFF at 18:18| Comment(0) | 秋の浜

2019年10月24日

2019年10月24日(木)の海況

モンツキカエルウオ191024a_R.jpg

ポイント:秋の浜
天候:曇り
気温:20℃
水温:24℃
透明度:12m
風:北東6m/s
海況:波あり


サンゴ調査の出張の合間に台風19号や台風20号などがあり、すっかりホームでのダイビングがご無沙汰になってしまいました。
明日も台風21号の影響で荒れそうなので、秋の浜に調査ダイブに行ってきました。

今日の秋の浜も充分荒れてましたけど・・・
透明度自体はそれほど悪いわけじゃないんですが、曇天で海の中も暗めでした。
水温は24℃あるので、まだウェットで大丈夫です。

トップの写真は大島初登場のモンツキカエルウオ
数週間前のまだもう一回り小さく、小さすぎてよく見えなかった時に、「マツバギンポの幼魚かなぁ~」と思って紹介していた子が、実はモンツキカエルウオだったようで、知らぬ間に大島を賑わしていました(^^)

カミソリウオのペアやチンアナゴなど、同じところで観察できています。
ガラスハゼが至るところにいるので、映えるシーンを狙って楽しめます。

マクロ撮影で油断していたら、突然タイマイが泳いできました。
大島ではアオウミガメはたくさん観察できますが、タイマイはとても珍しいです。

チンアナゴ191024_R.jpg カミソリウオ191024_R.jpg

アナモリチュウコシオリエビ191024_R.jpg ガラスハゼ191024_R.jpg

タイマイ191024a_R.jpg

☆シーサウンドのfacebookページも宜しくお願いします☆
http://www.facebook.com/izuoshima.seasound

posted by SEASOUND STAFF at 21:20| Comment(0) | 秋の浜